総量規制でクレジットカードがピンチ

総量規制の法律が施工されてクレジットカード審査はずいぶんと厳しくなったのは事実です。
また、運良くクレジットカード審査をクリアしたからといって安心してはいけません。
クレジットカード会社は不定期で途上審査や与信審査を繰り返し行いますので、突然とんでもない額の請求書が送付されてくることもあります。


総量規制がクレジットカード審査に及ぼす影響

アコムやプロミスなどの消費者金融からの借金、そしてクレジットカードを利用してのキャッシングは総量規制の対象となることを知っていますか?
総量規制とは、あなたの年収3分の1以上の借金をすることが出来ないという法律のことです。

つまりあなたの年収が250万円であれば、借金できる金額は約80万円ということになります。
もし現時点で消費者金融やクレジットカードのキャッシングで80万円以上の借金をしていれば新しくクレジットカードを作るのは絶望的だと思ってください。

仮に借金の総額が70万円ほどであっても、クレジットカード審査をクリアするのは厳しいと思った方が良いでしょう。
借金総額が70万円を超えているのであれば、年収250万円のあなたが利用できるキャッシング枠は約10万円前後ということになります。
これではクレジットカード会社も慎重になりますので、審査の段階で落とされてしまう可能性が高いことが伺えます。

このようにクレジットカード審査と総量規制は密接に関係していますので、現時点で借金総額が年収の3分の1を超えている場合、もしくは残り少ない場合は、借金の額が減るまでクレジットカード審査に申し込みをするのを待った方が賢明だと思います。


クレジットカード利用中でも安心できない

すでに利用中のクレジットカードにも総量規制は関係しています。
クレジットカード審査のときだけ注意すれば大丈夫だと思っている人もいるようですが、それは大きな間違いです。

ほとんどのクレジットカードでは、途上審査や与信審査と呼ばれている審査があります。
この途上審査や与信審査とは、現在利用中のお客様の個人情報を突発的に審査することをいいます。

クレジットカード発行後、半年や1年で突発的に審査をして、総量規制の額を超える借入が無いかをチェックしたりするのが目的です。
この途上審査や与信審査で総量規制以上の借金があることが発覚した場合、そのクレジットカードが当然利用停止になることもありますし、キャッシング枠やショッピング枠が予告なく減額されてしまうこともあります。

それだけならまだ良い方で、例えばキャッシング枠が30万円だったのに対し25万円を利用している場合、突然キャッシング枠が10万円に減額されてしまい、オーバーしている15万円を一括請求されるなんてケースも珍しくありません。

クレジットカードの利用は計画的に

上記で説明したように総量規制はクレジットカードとは密接な関係があります。
クレジットカード審査のときにも重要視される項目ですし、クレジットカード利用中でも安心は出来ません。

この総量規制は増え続ける多重債務者を早期発見することが目的で施工された法律なので、総量規制でクレジットカードが作れなかったり、利用中のクレジットカードが減額された場合は、自分も多重債務者の予備軍なのだと理解し、少しでも早めに対策を講じることをオススメします。

総量規制を快く思っていない人は大勢いますが、決して悪い法律でもありませんし、あなたが知らないうちに多重債務者の仲間入りをしてしまうのを未然に防止してくれる法律でもあるのです。

ただし総量規制が適用されるのは、最初にも書きましたがアコムやプロミスなどの消費者金融とクレジットカードでの残債務です。
銀行のカードローンや目的ローンなどには総量規制は適用されませんし、マイカーローンなども総量規制の対象外となります。
最近では消費者金融も銀行の傘下になり、おまとめローンなど銀行系のローン商品を扱うことも多く、これらのローン商品にも総量規制は適用されません。